南国の片隅で承認欲求を叫ぶ

不況うまれ、ゆとり育ち。

ジャネーの法則

みなさん、ジャネーの法則って知ってます?

なぜ大人になるにつれて1日を短く感じるのかってことを、19世紀のフランスの哲学者が言い表したのがコレなんですけれども。

主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。

簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

計算式とかもあるらしいんですが、"24時間×年齢分の1"というのが正しいのかどうかはちょっと見つけられなかったです。

 

とにかく。ジャネーの法則ですよ。

全くなんて法則を見つけてくれちゃったんでしょうね、ポール・ジャネさんは。

法則として言われてしまったら確実なものになってしまうじゃないですか。「気のせいだよー」って笑い飛ばせなくなってしまう。

だから、先週に書いてから、ブログ書こう書こうと思っていたらもう1週間経っていたのもジャネーの法則のせいです。わりと毎日、内容については考えてたんですけどね…?忙しいし、やっぱりほら、1日がどんどん短く感じてくるしね……?

 

最低でも週1ペースは守ろうと思います…。